2004年05月30日

利根川釣行

2004年5月29日〜30日

今回は中ソンさん・H野さん・私の3人で利根川に行ってきました。
まずは中ソンさんのレポートです。
秋田さん、H野さん、お疲れ様でした。暑い、暑い、焦げる、(笑)5月てこんなに暑かったかな〜?とにかく暑かったです。私は28日の深夜からの釣行で、秋田さん、H野さんは土曜夜から、と言う事で前半の私のレポートに入ります。

pm10時30出発>>>>(子供を寝かせての出発の為この時間になりました)(笑)。am1時到着ふぅ〜。疲れた。久しぶりの釣に期待とわくわく。今回は青魚狙いと決めての釣行です。セット開始、約40分程でセット。。。。。。完了。am2時半就寝Zzzzzzzzzzz。

am3時45分センサーオン!!!!!かなり寝ぼけてダッシュがしかしドラグが出ていた音はしましたが着いて見ると動きなし(泣)トホホホ。。。又就寝Zzzzzz。と思ったら、、、、am4時半センサーオン!!!さっき寝たと思ったら???早や!またまたダッシュ!!!今度はゲット70台本命ではなくトホホホホ。。。。。。。(泣)ほとんど寝ていなく足が千鳥足。。。。(笑)

am8時30頃三回目センサーオン!!!しかしクリップが外れましたがダメでした。

秋田さん、平石さん、H野さん、ひでさんから電話とメール応援いただきありがとうございました。(笑)機関銃のような応援だったので、電池切れ。。。。。。(笑)即充電!!!

am9時半ごろ4回目センサーオン!!!ヨシ!!乗ったわずかながら手ごたえあり!!少々ラインは出されましたが、んんんん本命ではありません(泣)なんだ〜と思いおもいっきり、あおると、ボコと浮上!!がしかしあら?あら?90台??と思い慎重にネットイン。でも90cmはありませんでしたが87cm、この間秋田さんのモンスター110を見ているだけにとても小さく見えました。トホホホホホ(泣)

今回はあくまでも青狙い!!!!その後あたりはありましたが、乗りが悪くダメでした。秋田さん、H野さんpm10時ごろ合流!!こんばんは!!!この後の続きは秋田さんレポートで御願いします。。。。。!!!!

中ソンさん、お疲れさまでした。ここからは私・H野さんのレポートです。

29日の夕方7時頃、H野さんと合流していざ利根川へ。私達の地元である宇都宮からは約3時間のロングドライブだが、以前から霞・北浦までの2時間で慣れているのとワクワク・ドキドキで辛くは無い♪到着後、微妙に場所移動した中ソンさんに連絡。すぐにやってきてこんばんは、とりあえず私とH野さんはビール片手に準備開始。11時頃セット完了し、その後楽しく雑談をし私とH野さんは受信機を交換して就寝zzzzz

am2:30頃スライドドアが開き「秋田さんのセンサー入ったよ!!」の声に車を飛び出す。しかし上がってきたのは60台の鯉。ん〜小型が食ってくるようになってきた、そろそろヤバイかな???その後また就寝zzzz

翌朝am5:30頃目を覚まし、「もう少ししたらH野さんを起こして、エサチェック&エサ撒きでもしようかなぁ〜」と思っていると「秋田さんの入ったよ!!」とH野さん。しかし空アタリ・・・今回ハリのサイズを変えたりハリスを変えたりしたが、相変わらず空アタリが多い。

エサチェック&エサ撒きをして2人で話をしていると、私の穂先がフワフワ。ん〜入りそうな感じ♪センサーが鳴る前に竿の所に行ったが怪しい・・・H野さんに「見てて、多分外れるよ」と言うと、ググ〜ッと入った後見事に穂先が戻る(笑)H野さん曰く「ありえねぇ〜、霞ヶ浦だったら絶対に乗ってる」その後もフワフワするが、やはり乗らない。

その後一足先に帰宅する中ソンさんが、片付けを終えてやって来てしばし雑談。すると私の竿が大きく揺れだした。センサーは鳴っているが、クリップが外れてから合わせる!!乗った!!ん〜この引きは鯉。ヨイショ、ヨイショとだらだらやり取りしていたら、あらら杭に絡んで抜けちゃった(笑)見えた魚体はせいぜい70台。その後中ソンさんは帰宅されました。

その後はアタリが止まり、風も無く5月にしてはありえない暑さ。たまらず車内に逃げ込み、しばし昼寝zzzzすると交換していたH野さんのセンサーが!!2人で急いで竿の所にダッシュ!!しかし残念ながら空アタリ。

その後また昼寝zzzz私は眠れずウロウロするが、あまりの暑さにグッタリ・・・するとH野さんの車内から私のセンサーが!!しかしまたもや空アタリ・・・うぅ〜ストレスがたまる・・・(爆)

その後はアタリが止まり、グッタリしながら昼食。

そしてpm2:30についにH野さんのセンサーが!!竿の所に行くとラインが出っ放し!!しかも真っ直ぐ沖に向かっていて、ドラグを締めると竿がのされてる。ようやくラインは止まったが、今度は左に向かって走り出す。おぉ〜すげぇ〜!!こりゃ鯉なら90台はありそう♪それとも、もしかしてアオウオ?早く姿が見たい〜♪走りが止まりそうになった時にH野さんがドラグをグッ!?「あっ!!H野さんドラグ締めちゃった!!」と思った瞬間、糸鳴りを起こして魚が一気に突進。ブツッ・・・・ラインが切れてしまいました〜(T T)H野さんも私もしばし呆然・・・ん〜残念・・・

気を取り直してエサを打つがその後はアタリが無くpm4:00に終了。
中ソンさん・H野さんお疲れさまでした。H野さん今度はラインを交換して、絶対リベンジしましょうね♪
posted by AKITA at 00:00| Carp 90-

2004年05月16日

利根川の鯉110cm

2004年5月16日

今回はみんなの予定が合わないので、私(秋田)1人で利根川に行ってきました。

15日(土)のpm6:00にワクワクしながら利根川へGO!!途中で中ソンさんからрェあり「行きたいよ〜!!夜だけやって朝帰ろうかな〜」と少々壊れ気味。pm9:00すぎにようやく利根川に到着し、早速セットを開始する。しかし人の気配もなく辺りは葦の揺れる音や、鳥が暴れる音でかなり不気味・・・うぅ〜怖い・・・速攻でセットして車内に逃げ込む。みんなにрオた後夕食をとり、エサチェック&軽くエサ撒きをしてpm11:30にアタリを期待しながら就寝・・・zzzz

翌朝(16日)のam5:30に目を覚ますまでアタリなし。前回来た時も夜中はアタリが無く昼間がいい感じだったので、今回も午前中からお昼過ぎのアタリに期待する。am6:00にエサチェック&エサ撒きをしてしばらくするとセンサーが!!しかし空アタリ・・・むぅ〜前回も空アタリが多かったけどなぜ???と思いつつ、エサの確認をして車内に戻る。外はポツポツと雨が降り出した。車内から竿先を見ると、フワフワするがセンサーは鳴らない。

そのままお昼になりカップラーメンを食べながら「このままだったらpm3:00頃には撤収しようかなぁ〜」と考えていた。相変わらず雨は降ったり止んだりで、時折激しく降っている。エサのタニシも残りわずかになり、最後のエサチェックの時に全て撒き終えた。「ん〜ボーズは悲しいなぁ〜」と考えつつTVを見ているとpm2:00についにセンサーが!!車内から飛び出すと、竿先がわずかに下を向いているが動きがあまり無い。一応アミを持ちてくてくと歩いて行くと突然沖に向かって走り出した!?竿を持ちドラグを締めても竿が立たずに加速するので、「もしやこれがアオウオの引き?」とドキドキ・ワクワク♪杭が何本かあり無理は出来ないので、沖に出してやりとりをする。

かなりラインを出されたあと少しづつ寄ってきて頭が少し出た、その頭はまぎれも無く鯉(笑)離れていたがパッと見90cmはありそう♪まだ利根川で70台までしか釣っていないので、中ソンさんにあやかって90台が釣りたいと思っていました。「どうか90台でありますように〜」と祈りつつ寄せてくると???!!!デカイッ!!体高が半端じゃない!!メーターを意識してしまい両手が震えはじめ、やり取りがまともに出来ない。

魚体が横になりネットに入れようとすると、反転しまたドラグを出されるの繰り返し。さすがに簡単には取り込めない。手前に朽ちて流れ着いた杭がありラインが擦れる「頼むから切れないでくれ〜」と祈りつつ、6回目でようやくネットイン。

上げてみると大きさが尋常じゃない。慌ててメジャーを持って来て計るが、テンパってしまい何cmだかよく分からない(爆)1mを軽く越えているのは分かったので、落ち着いてもう1度計る。んんん?1m7cmぐらいありそう???まだ信じられないので自作の計測台を計ると1m5cm、その台からはみ出ているので間違いない!!やった〜夢にまで見たメーターオーバーを釣った♪ようやく落ち着いたが、さあ困った。写真を撮ろうにも、辺りには人影無し。とりあえず平石・中ソンさん・ひでさん・mi○さんにрキると、みんなから「おめでとう!!」とお祝いの言葉を頂きました。

「辺りに人が居ないよ〜」と言うと、平石・中ソンさんがこれから来てくれるとの事。(折角の休みだったのにすいませんでした)しばらく放心状態になっていて、他の竿先がフワフワしても気にならない(爆)釣り上げてから仕掛けは上げたままだったのでチェックしてみると、フロロのハリスはザラザラでフカセ針の20号は針先が折れ伸ばされていた。さすがは利根川の流れで育ったモンスターだ。

夕方少しずつ片付けて、車内でボ〜ッとする。pm7:00頃、平石と中ソンさんが3時間半かけて来てくれた。がっちりと握手を交わし、2人共自分の事の様に喜んでくれた。

いよいよ正式な計測をするが、以前中ソンさんが「自分も一緒に計ると欲が出る」の言葉を思い出し2人に計測をお任せする。すると「マジか〜!!110cmあるぞ!!」利根川の90台が貴重なのは知っていたので、せめて90台が釣りたいと思っていたがまさか110cmを釣るとは思わなかった。雨の中ビショビショ・ドロドロになって写真を撮ってくれた2人に感謝。そっと鯉をリリースして利根川を後にしました。

遂にメーターオーバーを釣る事が出来ました。しかも利根川で110cmものモンスターを釣る事が出来るとは夢にも思いませんでした。一緒に喜んでくれたりわざわざ来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。

diary_040516110cm8.jpg

diary_040516110cm3.jpg

diary_040516110cm4.jpg

diary_040516110cm6.jpg
posted by AKITA at 00:00| Carp 110+

2004年05月04日

秋田・平石・中ソン 利根川釣行

2004年5月2〜4日

GW中、私・平石・中ソンさんで爆撃!!他の場所で釣行していた中ソンさんから「子供が熱を出し急遽撤収になった」と連絡を受け、1人で利根川に向かう事に。残り1時間程で到着という時に中ソンさんからрェあり、「とりあえず子供の方は大丈夫そうだから、これから利根川に向かう」とのこと。

釣り場に到着し20分程で中ソンさんも到着。早速竿をセットして夕食をとり、車内にてしばし雑談。夜中のアタリに備えて中ソンさんの受信機を預かり、風がやや強く気温も低いので早めに2人でシュラフにもぐり込む。明日の早朝には平石も合流するとのこと・・・

am1:00頃中ソンさんのセンサーON!!しかし残念ながら空アタリ。(中ソンさん)「な〜んで秋田さんは車から出て来ないんだよ〜・・・」(原因は後ほど・・・)そのまま朝を迎え何気なく車内から竿を見ていると、突然私の竿の穂先が入った!!やった!!次の瞬間穂先は元に戻り、センサーだけがむなしく鳴り響く・・・気をとり直してエサチェック&エサ撒きをして中ソンさんと雑談。

その後他の竿もフワフワするがなかなか食い込まない、ん〜食いが悪い・・・
しばらくして平石も到着し竿をセット完了。相変わらず穂先はフワフワするが乗らないので、みんなで昼寝zzz・・・

30分後に突然私のセンサーが!!車から飛び出すとまたもや穂先はシ〜ン・・・中ソンさんも飛び出してきて、「たまたま車内から穂先を見てたら、数回フワフワした後突然穂先が入りその後外れた」との事。その後またみんなで昼寝zzz・・・

しばらくするとなにやら「秋田さ〜ん!!」と呼ぶ声が!?車から出ると、中ソンさんと平石が竿を持ったり糸を持ったりなにやら不思議な動きをしている???行ってみるとちょうど平石のアシストでネットイン!!おお〜いいサイズの鯉♪聞けば沖に出て杭に巻かれ、そのまま2本隣の竿に絡んでえらい事になっていたらしい。でも無事にゲットできてラッキー♪計測の結果は83cmでした。

diary_040503nakason83cm.jpg

・・・ん???今回も中ソンさんから預かった受信機は鳴らなかったぞ?調べてみると電池切れしていて、これが原因で夜中のアタリも私は分からなかったようです。その後興奮していた中ソンさんは「計測台洗ってくる〜」と水辺に行くと「うわ〜!!」と大騒ぎ!?どうやら足を滑らし片足を突っ込んだ様子(笑)中ソンさん興奮しすぎです(ゴメンばらしちゃった:爆)

いや〜良かった良かったと話をしていると私のセンサーが!!キャ〜今度はちゃんと乗ってる〜♪右に左に走りまわり、上がってきたのは70台の鯉でした。ふぅ〜ボ〜ズはまぬがれた♪その後中ソンさんは83cmを釣った時に網に入ってきたカニをエサにして投入(爆)30分後には見事にバスかナマズに食われて殻だけになっていました(超爆)

その後も何度か穂先はフワフワするものの、やはり乗らない。pm4:00に私は撤収して帰宅しました。

この後のレポートは中ソンさん5月2〜4日釣行記録  その2!!!

3日夕方から、平石さんと私二人の釣行です。秋田さんお疲れ様でした!!後は、任せて下さい!!(笑)

夕方、私は二日目に突入のため、銭湯へ、とてもいい湯でした、平石さんは竿番です。すると平石さんのセンサーオン!!!平石さんダッシュと思ったら、クリップは外れていましたがダメでした・・・・・(泣)

風向きが変わり、ものすごい風、少々不安もありますが、暫し私の車で鯉談義、するとセンサーオン!!来た!!と二人で外に飛び出し平石さんが私の長靴を履き、間違えて、すぐに履き替えて・・・・・・・(爆笑)私も慌てて長靴を履きましたが、右左逆に履いてしまい変な感じでダッシュ>>>。(笑)

竿の角度を上げてドラグは固めにセットしていましたので。竿が水平になりラインがじりじりと出ていました。いい引きでしたが80台の鯉でした。でも今日2本目の80台とこともあってホッとしていました。霞、北浦ならば、80台の次は90台と思いますが利根川で90台なんてそんな甘くはありませんね。昨年の秋、平石さんは91cmの鯉を上げている、あの時平石さん利根の鯉のパワーに惚れ込んでいた私も利根で90台出してみたいな〜と思っていました。

(奇跡が起こる?!)その後86cmを追加して合計4本まずまずの釣果でした。ひでさん、mi○さん、地鶏さん、の方もメールでやり取りで居酒屋地鶏号で盛り上がっているのが目に浮かびました。平石さんと二人で焼き鳥食べて〜と、うなっていました。・・・・・・・・・(爆笑)

翌朝、平石さんの調子が上がらず???朝食を取り、平石さん、つまんね〜!!何でもいいから釣りて〜と大笑い!!!!私はカニがいたよと言うと、釣ろうといい始め、タニシの剥き身を餌にカニ釣に出かけました・・・・・・・・んんんん???冗談で言ったのが本当にカニ釣りに変更(大爆笑)。ヨシをかき分け入って行くと、居ます、居ます、平石さん真剣になっていました。釣れた〜カニゲットです・・・・・・・・・・・・(笑)。

するとここで、平石さんセンサーオン!!!(爆笑)平石さんダッシュ私あまりにも遠い為、行ってらっしゃ〜〜〜い(笑)すると竿が鯉とは違う方へ走ってる、も・し・か・し・て????乗った!!!!ヨシ!!と竿を絞った!!!!耐えている、目の前に杭があり平石さんうまく交わしましたが、交わした為ラインが魚の進行方向へ行った為、抜けてしまいた。・・・・・・・・(大泣)ありゃあ・・・・・。

その後何匹かカニをゲットして、なんてカニだろう???と考え雑誌でモズクカニと読んだ記憶がありモズクかな?と話していると平石さん食べたいな???といいはじめ持参した水道の水で洗い始めました。(大爆笑)

暫し、車内で休憩zzz。1時ごろ撤収しましょうと車でテレビを見て1時の時報と同時に、ゆっくり撤収開始、と思ったらここで今期最高の落ちです!!センサーオン!!うりゃ〜とダッシュ>>>乗った!!!青の期待でしたが青ではない!!でも左右に動かなかったので、楽にやり取りできたと思ったら、ふっと浮いた魚体は、デカイ、デカイ!!90は(間違いない)魚体を見た瞬間もう一度ドラグ調整をして、気を引き締め慎重に、慎重に、平石さんのタモにネットイン!!計測台へ載せてみると今期初の90オーバーの95.5cmガッツポーズ!!!青魚より確率の低い90台ゲットは信じられません。平石さんもびっくり、カニもびっくりです。平石さんありがとうございました。(笑)今度は平石さんのタモ係りは私がやりますので・・・・・・・・・(笑)おしまい!!

diary_040504nakason95.5cm.jpg

diary_040504nakason95.5cm1.jpg
posted by AKITA at 00:00| Carp 90+